スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼント

10月末から風邪をこじらせて寝たり起きたり。薬もちゃんと飲んでるのに治らない。ほんとに、なんてよわみそな体になったんだろう。

薬もきかんし
体に爆弾持ってる身としては
心なしか耳元でチーンと鐘が鳴ってるような気もする。

仕事で怪我をして一年仕事を休み、息子が亡くなって三年たった今も無意味に生きている。

人生のうちの大切な4年間と言う時間を考えた時、これで良いのかと心の中の自分が問う。

そしてまた同じく
心の中でもう一人の自分が答える。

今まで何にも考えずにがむしゃらに生きてきたやろ?
この四年間に一生分ぐらい考えて考えて、考えて
そして気がついたことがいっぱいあったやろ?

だからこの四年間は無駄ではなかったんよ。

先に逝った息子がいっぱい気づかせてくれた。たった30歳で逝ったけど、無駄に生まれて生きてきた訳ではなかったよ。

みなに考える時間をくれた。生きる課題もくれた。
そういうお役目を持って生まれてきた子だったんだよ。

それに気がついて良かったよ。
気がつかなかったら息子の死は無駄死になってたんよ。

よく、前世で悪いことをしたからとか、前世の悪縁でこうなったとか言う人がいるけど、こうやって気がついたんだから来世はきっと幸せになれるよね。


心の中の私が私と話をしている。



そんなとき
お友達が久しぶりに来てくれた。お見舞いと誕生日のお祝いを持ってきてくれた。

自らも独居の母親を介護している。苦労人の彼女





きれいなテーブルローズ

イニシャル入りのハンカチ

ピアスとイニシャル入りのチャーム

名言集

心のこもったカード

お菓子

これらは今度逢えたら私に上げようって
少しずつ買い溜めてくれてたもの。

その心が嬉しい

心がほっこりして少し元気になった。

この世に自分を想ってくれてる人がいると言うことがどんなに嬉しいことか。

息子が亡くなってから
ほんとにリアル友達とは疎遠になった。でもね、たくさんいなくてもいい。

ほんとの友達だけで良いのよね。

ありがとう。
私もそんなふうに想ってもらえる人間になりたい。
スポンサーサイト
プロフィール

おたま

Author:おたま
2010年3月25日
息子は病気で天に召されました。
信じられない現実に
心を病み生きる気力も失いました。
あれからもう3年がきます。
今も仕事に復帰できないけど
何とか生きています。
日々の思いや趣味のドールのこと、
トイプードルのこと書いています

カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

可愛い子猫
カーソルを子猫の上に持って行ってみてね
熱帯魚
クリックしたら寄って来るよ
おみくじ
吉と出るか凶と出るか・・ 恐いくらいよく当たるのよ~♪
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。